小学生の英検

実力をスコアに反映させる方法【小学生向け】

こんにちは、なみすけ85です。

前回の不合格。

不合格は不合格なので、おうち英語をリードする親として、結果を受け止めなくてはいけません。

ただし1つ疑念が私の中にありました。

「もしかして、英語力はあるけど、テストの受け方を知らないのでは…」

今回は我が家の試験対策について公開したいと思います。

幼い子が取る英検2級と高校生が取る英検2級の違い

なぜ私がこんな親バカみたいな発言(定期)をしているかというと、英検2級を取得した高校生の頃の私と比較によるものです。

とある週末、英検の勉強だけだと面白くないので、洋書を読むことにしました。

息子が選んだのは、内容がふざけて楽しいWIMPY KID。

洋書多読を始めた頃は一日数ページが限界でした。

(過去記事) 洋書多読を1ヶ月間やってみた結果【小学生の英検対策】

しかし今回は、これを土曜2時間、日曜2時間、月曜1時間、の合計5時間で読破したのです。

なみすけ85
なみすけ85
普段からこんなに多読しているわけではありませんが、今回は話が面白かったらしく進んで読んでいました。

一冊200ページ超(合計約20000単語)です。 横で見ていて、内容を楽しみながら、そして15分にわたる彼の要約はストーリーの起伏や面白さが伝わってくるほど、正確でした。

もちろん、こちらの本は英検1級レベルの単語もちらほら出てくるので、100%の理解ではありません。

そして、ネイティブのお子さん達よりも理解度は低いものでしょう。

ネイティブのお子さん >>> 息子 >>>>> なみすけ(高校生ver.)

しかし、内容を楽しめるほどに理解しているのは間違いありません。

これを高校生の私ができたか? 答えは100%NOです。

なみすけ85
なみすけ85
幼い子どもが試験中に頼れるのは英語力だけ。背景知識関連の問題は全て捨てても合格する点で高校生や大人を超越している。

試験対策なしでいけるのか?

英語を第一言語として生活されるネイティブのお子さんや国内でもそれに近い環境があるお子さんであれば、小学生低学年で対策なし英検2級に合格できるかもしれません。

が、(我が家の例ですが)ここまで日本の幼稚園や小学校に通い、普段は日本で普通の生活を送っているので、正直なところそれは難しいと感じます。

なみすけ85
なみすけ85
そのようなお子さんと愚息では、単純に英語に接する時間と密度にギャップがある

英検2級の問題は、以下で構成されれます。

リーディング

・語彙文法の穴埋め問題:20問

・文章の流れの穴埋め問題:6問

・文章読解問題:12問

リスニング

・会話文理解:15問

・説明文理解:15問

試験対策なしで、これを洋書多読で自然に覚えたコロケーションや文法力(英語の形のパターン)だけで解く?

試験対策なしで、一方的に話される他人の他言語の会話を20分超集中して聴いて理解?

いや、無理でしょ…となります。(愚息の場合です)

なぜなら、

「そのレベルに達するまでに合計何時間英語(洋書多読や多聴)に費やす必要があるのか?→毎日何時間英語に費やす必要があるのか?そしてその確実性はどの程度か?」

といったお粗末な算数で思考しますので、「実現性が低い」と結論づけてしまいます。

なみすけ85
なみすけ85
いや、無理でしょw

本当は私も試験対策なんてしたくない。

試験対策なし!と言う方が自然だし格好いい。

しかし、試験対策で英検2級が効率的に取得できるのならそれをやるしかない、というマインドに自分を持って行きました。

なみすけ85
なみすけ85
英検2級取得を急がない人はこんなことする必要はございませんので…

実力をスコアに反映させる方法

それではここから、小学3年生の息子でも実践できた英語力を英検2級のスコアに反映させるための練習方法と試験のアドバイスを記載します。

ABOUT ME
アバター
なみすけ85
会社員(35)。2児の父。趣味でブログ運営。英検1級、TOEIC満点、国連英検特A級(外務大臣賞)。できるだけ金のかからない自宅学習法を目指して発信。