上級者への道

TOEIC990点満点へ【リーディングで最後の15点を詰める方法】

こんにちは、なみすけ85です。

今回は、英語資格取得において私が精神的に最も苦しんだ「TOEIC990満点」を突破するための方法をこの1記事にまとめます。

この記事を読んでいただいている皆様は、ご自分の英語力に少なからず自信がある方だと思います。 そしておそらくこのような疑問をお持ちでないでしょうか。

自分の英語力は十分高いはずなのに、なんで満点が取れないのだろう?

なみすけ85
なみすけ85
意外とTOEICのテクニックが足りていないだけだったりして…

私も英検1級に合格し、さらに国連英検特A級にも合格した後に、TOEIC満点を狙いに行きましたが、結果は975点。

寸止めスコアの連発でとても歯がゆい思いをしました。

この1記事で、英検1級に合格していたり、英語力は十分な方が、最後のリーディングスコア15点くらいを満点に向けて詰めていくテクニックを紹介します。

もしかしたら、忙しいサラリーマンの方であっても平日の通勤電車でリーディング速度を上げることができ、本番で時間が余る様になるかもしれません。

TOEIC満点とは

まず、英語力が十分あるにも関わらず、人生で一度だけTOEIC満点を取得してみたいが、実際できていない方へ。

「TOEIC990満点という英語力の視点からは無意味な目標を達成するために、毎回6000円程度支払い、満点を取れないたびに落胆し、満点の無意味さを全力で探すものの、「満点」というその美しい響きが欲しくてまた6000円支払う」

という、どうしようもない非生産的なサイクルにはまっておられること、その辛いお気持ちをお察しします。 私も以前まさにそれだったのでよく分かります。

何度受けても満点が取れないというのは、普通に考えて何かが足りていないのです。

しかしあえて、これまで英検なりの資格を順次取得された方においては、「英語力を大幅に伸ばす必要はないかもしれない」ということを予め伝えておきます。

英検1級や国連英検特A級の筆記試験に合格している時点ですでに、TOEIC満点を取得できるだけの実力があることを示しています。

もちろん人によっては、TOEIC用の熟語やコロケーション等取りこぼし語彙を拾っていく作業も必要になるかもしれませんが、これまでの資格と比べると、英語力向上の必要性は圧倒的に低い。

一般的に見たとき、それは各企業が挙って採用する英語資格TOEICの最高峰なので、超高難易度というところでしょうが、皆様の英語力をもってすれば、すでに十分射程圏内。

なので、決して身構えず、リラックスした気持ちで本番を受験することが大切です。

ただし、一点だけ私が難しいと感じるところは、これまで他のどのテストにもなかった100点満点を取らなくてはならないと言うこと。

ここに独特の難しさがあるといえばあるということになります。

特にリーディングに関しては、100問中1,2問間違えるとすぐ985点や980点になります。

990を奪取する直前のテストは985

そして、その100問中の難しい数問を制するには、英語力の向上を目指すよりまず、テストスマートになる必要があります。

満点なんか何の意味もない?(モチベーション)

具体的な攻略法を説明する前に、「TOEIC990満点を取得するためには、TOEICの学習(時間計測をした上で模試を解く)を続けることが必要である」を強調しておきます。

下記のテクニック・自分で気づいた注意点(例:マークミスをしやすい)・時間配分等を、体得するためです。

そして、この日々のTOEICの勉強の継続を可能にするのは、皆様自身のモチベーションが不可欠。

よって、前置きが長くなって申し訳ないが、モチベーションについて私の例を少し書いておきます。

せっかくの学校や会社の休みの日に、ただ満点を取るためだけのために模試や問題集を解いていると、異常にモチベーションが保てなくなるかもしれません。

しかも問題のほとんどが知っていることなので、ただ時間を浪費している感覚に襲われます。

私の場合、TOEICのスコアは900後半あれば、あとは誤差やテクニックの差の範囲と思っています。

そして多分実際にそうなので、この英語力向上に寄与しない努力がかなり精神的にきつかったのを記憶しています。

英検1級や国連英検の勉強を思い出して、「あの頃の学習は楽しかった」なんて思う時もありました。

しかしながら、TOEICの試験勉強を怠り、TOEIC慣れやTOEIC体力が落ちると、満点取得の確率が一気に下がることはわかっていたので、「くそくだらん」とぶつぶつ言いながらもやっていました。

人はきついと、そのきつい原因となっている目標の意義を探そうとします。

しかし、常識的に考えて英語力においてTOEIC970点を990満点にする意味等ないに等しい。(「では、はじめからそんな資格取得を提案するなよ、、」という感じですが、本当にあと一息で取れるので、取れるものは取っておいて方が良いかと。)

そのため、モチベーションが保てなくなってしまうことは大いにあり得ます。

一旦そうなると、永遠に990満点に憧れながらも、永遠に取得に至らないということが、十分起こり得ます。 何とももどかし過ぎる状況に陥ってしまいます。

TOEIC満点がもたらすメリット

そんな時私は、TOEIC満点がもたらすメリットについて考えてモチベーションを保っていました。

  • 失業時の保険

一般的なビジネスマンにとって資格というのは所詮肩書きだが、肩書きが物言う世界もあります。

例えば塾講師。

TOEIC950と書かれた先生とTOEIC990満点と書かれた先生がいたら、生徒の親御さんはどちらの先生を希望するか?

答えは明白。

もちろん教え方が重要でしょうが、プロフィールの影響力が大きい職業においてTOEIC満点はやはり有利で、生徒からの信頼にもつながる。

今の会社からクビにされたなんてことを考えると、その危機感からTOEIC満点をとっておこうと刺激されました。

  • 副業の可能性

私はこのような英語記事を書いたり、SNSで発信したりしているが、私のタイトルが「TOEIC970」となるとやはり迫力にかけます。

ネットの世界においては、いわゆる「権威性」というものの影響はでかい。

また本を執筆しようと考えている方もTOEIC満点と書くことができたら、世間からの信頼度に違いが生まれるかもしれません。

皆様のモチベーションに繋がりますように。

TOEIC 975の人が990満点を狙うには、まずテストスマートになれ!

前段が長かったのですが、この記事の肝となる部分を私の体験を踏まえ解説します。

まず私の場合、リスニングはたいてい満点495(調子が悪いとたまに490だが)でした。

リスニングはコンスタントに満点を取れる実力があることが前提

  そのためリーディングをいかに攻略するかがポイントでした。

この負のサイクルを脱却したポイントは以下5つ。

ABOUT ME
アバター
なみすけ85
会社員(35)。2児の父。趣味でブログ運営。英検1級、TOEIC満点、国連英検特A級(外務大臣賞)。できるだけ金のかからない自宅学習法を目指して発信。