小学生の英検

リスニング力の底上げ

こんにちは、なみすけ85です。

ハイスペのキーボードを購入しご機嫌でブログを書いております。

しばらくブログ記事の更新が滞っておりましたが、前回の英検準1級不合格からリスニング力向上について小さな努力を続けております。

今回は、英検準1級のためのリスニング力強化についてです。

英検準1級リスニングの練習

英検のリスニングの対策として、必ずしも英検のリスニング教材を使う必要はない場合があります。

それこそ、すでに海外生活等でリスニング力が十分ある方がテスト前の調整として利用する場合はあれど、英語環境下にない子供は、そもそものリスニングの底力を向上させる必要があります。

その際に、英検のリスニング教材だけでは圧倒的に量が少ない、かつ、内容がさほど面白味がないためハマらない、という側面があります。

具体的には、英検には「オフィスでの会話」なども含まれるため、子供ウケしないものがあります。

そこで我が家は以下の2方向から攻めることにしました。

・英語であっても視聴したくなる「楽しい系」

・少しお勉強感のある「時事系」

量の確保は「楽しい系」

リスニング力を向上させるには、圧倒的な量をこなす必要があります。

それを子供が実行するには、必ず楽しいものでないと長続きしません。

そのため親も一緒にどのようなリスニング素材が良いのか、子供を観察しながら探すのですが、その際の基準は、「音声が英語であっても視聴したくなる程ハマるか」です。

我が家の場合は、幸運にもその素材に巡り合うことができました。

それがこちら。

(引用元:Apple TV)

キャラクターが可愛いのか話が面白いのか私にはわかりませんが、すごいハマりようでした。

塾がある日、忙しい日、疲れて何もしたくない日。

それでも「スヌーピーなら見たい!」という感じでした。

ちなみにiPhoneで見る場合は、Apple TVがお勧め。

AppleTVは家族4人で登録しても1900円程度なので、試してみるとよいです。

たくさんストーリーもありますし、ナチュラルな会話表現の宝庫。好きなら繰り返し見ますのでセリフも一部覚えます。

そういえば「英語をスヌーピーで学ぶ」というコンセプトの教材は昔からよく言われてることを思い出しました。

少し英検に話を戻すと、日常会話のレベルを上げることは、英検準1級のリスニングpart1とpart3の対策になります。

なお、英検2級や準2級のお子さんでも十分楽しめる内容かと思います。

時事系はテキスト付きのニュース素材で

英検準1級のリスニングともなると、日常会話だけでなく、part2においてニュースのような時事ネタや長い説明のような音声があります。

これには、一方的・連続的に話される英語音声を処理できるようになるだけでなく、そこで使われる時事用語や背景知識への慣れが要求されます。

これに対応するには、普段からドキュメンタリやニュースを英語で聞ければ、それがそのままの対策になります。

ということで、我が家も、CNN 10をYoutubeで見るように頑張ったのですが、リスニング力が不足しており、内容がわからず、苦行のようになってしまいます。

これはレベルを落とす必要があるなということで、音声がゆっくり、かつ、音声のテキスト素材がついているものを探しました。

いくつか書店で手に取った中で最も良かったのがこちら。

created by Rinker
コスモピア
¥1,980
(2024/06/23 23:35:34時点 Amazon調べ-詳細)

英語のリスニングの勉強になることに加え、昨今問題となっている時事ネタがSDGsの17のカテゴリーに分けられており、頭の整理にも良いです。

そもそもVOAというのは、Voice of Americaというアメリカを中心としたニュースがテキストおよび映像で公開されているウェブサイトです。

https://www.voanews.com/

大人の英語学習においてよく使われるものです。

少しお勉強感が出ますが、そこは小学校高学年ということで、十分対応できるようです。

これが、時事関連や長い説明文のリスニングの対策、英検においてはpart2の対策となります。

最終的にはこの1冊に記載される文章を覚えるほど繰り返し聞くことが良いと考えます。

なみすけ85
なみすけ85
我が家も引き続きこのリスニングを繰り返す予定

英検に関係なく、時事英語のリスニング力は大きく向上するはずです。

リスニング用ガジェット

我が家はスマホを子供に与え、リスニングの際はそれを最大限活用しました。

ペアレンタルコントロールをかけても、YOUTUBE等を見放題になる場合もありますが(本当にどうやって監視を潜り抜けているのかは不明、、、)、スマホによって英語音声が身近になったと言うのも事実です。

また、リスニングの際には、Bluetoothのヘッド本が便利でした。家の中が騒がしいとき、移動中暇なとき、どこでも英語リスニングを可能にします。

ただ、ヘッドホンにより聴覚に悪い影響があると良くないので、その点は子供用ヘッドホンを選ぶことで対応しました。

JBLのヘッドホンを愛用しています。

まとめ

英検準1級のリスニング対策は、量、面白味、時事ネタを意識しながら、英検以外の素材で底力を向上させることが良いかと思います。

「英検のため」という切り口で書いていますが、結局は本質的な英語力向上になるかと思います。

英検準1級を目指して我が家が実践した英語リスニング勉強法は、スヌーピーとVOA。

気になる方はぜひお試しあれ。

ABOUT ME
なみすけ85
会社員(38)。2児の父。趣味でブログ運営。英検1級、TOEIC満点、国連英検特A級(外務大臣賞)。できるだけ金のかからない自宅学習法を目指して発信。